【大阪】梅田3丁目計画(仮称)〈20/10/14更新〉


【プロジェクトの概要】

JR大阪駅前の大阪中央郵便局跡地などに、日本郵便などが40階建ての複合ビルを開発する。基準階貸室面積が約4000平方㍍の西日本最大級のオフィスや、商業施設、客室数420室のハイグレードなホテル、席数約1200席の劇場の計4機能が入る。

 計画名 梅田3丁目計画(仮称)
 用途 事務所、商業施設、ホテル、劇場
 事業主 日本郵便、大阪ターミナルビル、JTB
 設計会社 日建設計
 工事会社 竹中工務店・西松建設・錢高組JV
 建物階数 地下3階地上40階建て塔屋2層
 建物最高高さ 188・0㍍
 建物延床面積 22万9000平方㍍
 建設地 大阪市北区梅田3-144-2(地番)ほか
 敷地面積 1万2893平方㍍
 工事期間 20年9月30日~24年3月31日
 注記

【施設の構成】

【南東側広場イメージ】

【アトリウムイメージ(正面が保存・移設した旧局舎を採用する部分)】

【プロジェクトの場所】

JR大阪駅の南西側に建設する。対象地は、旧大阪中央郵便局や事務所ビル「大弘ビル」、西端の立体駐車場を合わせた計約1・3㌶。

未定

・20年10月13日=工事が始まった現地。敷地の一部では解体工事も並行して進んでいる。

・20年8月17日=敷地西側の立体駐車場の解体工事など新築工事に向けた準備が進んでいる。

・20年8月1日=準備工事が進んでいるほか、西端の立体駐車場の解体工事も始まった。

・20年4月29日=敷地の大部分は更地になっている。


・20年8月1日=9月30日にも着工/大阪中央郵便局跡地などの梅田3丁目計画/日本郵便など3社(建設ニュース)

・20年6月26日=梅田3丁目計画(仮称)で工事着手届出書(大阪市)

・20年6月24日=26日から縦覧開始/梅田3丁目計画の環境影響評価書/大阪市(建設ニュース)

・20年5月31日=歩道改築工事が始動/大阪中央郵便局跡地など開発の梅田3丁目計画/日本郵便など(建設ニュース)

・20年1月15日=杭載荷試験が始動/3月中旬まで実施/大阪中央郵便局跡地開発(建設ニュース)

・19年12月12日=大阪はホテルと劇場で独自性/KITTE大阪が誕生か?/三大都市の中央郵便局跡地開発を比較(建設ニュース)

・19年12月11日=400室のハイグレードホテルを誘致/梅田3丁目計画の詳細を公表/日本郵便やJR西日本など(建設ニュース)

・19年12月11日=梅田3丁目計画(仮称)のプロジェクトマネジメント業務の受託について(日本郵政不動産)

・19年12月11日=大阪駅西地区の開発計画について(日本郵便など)

・19年12月11日=竹中工務店JVが968億円で落札/大阪中央郵便局など跡地を開発する梅田3丁目計画/日本郵便(建設ニュース)

・19年11月28日=梅田3丁目計画のオフィス部は10万平方㍍/環境影響評価準備書を提出/日本郵便など(建設ニュース)

・19年10月31日=サウスゲートビルと立体通路で直結/大阪中央郵便局跡地の再開発ビル/駅北側とも歩行者用通路で接続(建設ニュース)

・19年6月21日=梅田3丁目計画がついに始動/建設工事の一般競争入札を公告/日本郵便(建設ニュース)

・18年11月12日=日建設計と随意契約/梅田3丁目計画の基本設計/日本郵便(建設ニュース)

・16年7月29日=旧大阪中央郵便局の解体工事が始動、梅田3丁目計画に弾み(建設ニュース)

・15年7月30日=大阪・梅田の大弘ビルの解体工事に近く着手/梅田3丁目計画の実施に向けて前進/施工は大鉄工業、現場事務所も設置(建設ニュース)