【大阪】茶屋町B-2地区市街地再開発事業〈22/10/26更新〉


【プロジェクトの概要】

大阪・茶屋町エリアで計画されている再開発。梅田東コミュニィ会館や、ジャンボカラオケ広場茶屋町店が入るビル、駐車場などの敷地を一体的に開発する。東急不動産が事業に協力し、オフィスやホテル、商業などの複合ビルを整備する。施行期間は23年度から29年度。概算事業費は約188億円。

 計画名 茶屋町B-2地区市街地再開発事業
 用途 事務所、宿泊、店舗など
 事業主 茶屋町B-2地区市街地再開発組合
 設計会社
 工事会社
 建物階数
 建物最高高さ
 建物延床面積 約3万0500平方㍍
 建設地 大阪市北区茶屋町38-1(地番)ほか
 敷地面積 約3100平方㍍
 工事期間 施行期間は23年度から29年度
 注記 事業協力者は東急不動産。概算事業費は約188億円

【プロジェクトの場所】

敷地内は、梅田東コミュニィ会館や、ジャンボカラオケ広場茶屋町店が入る茶屋町ビル、駐車場「ふくろうパーキング梅田茶屋町」などとしてい使われている。

【予定テナント】

未定

【現場写真ギャラリー】

・20年12月5日=状況は同じ。

・20年10月3日=状況は変わらず。

・20年8月17日=状況は前回と変わっていない。

・20年4月29日=カラオケや駐車場などは稼働している。