【和歌山】和歌山県IR〈20/9/10更新〉


【プロジェクトの概要】

和歌山県が主導するIR(統合型リゾート)事業。事業者の公募を20年3月にスタート、20年11月に選定する。和歌山マリーナシティ(和歌山市)にMICE施設(国際会議場施設と展示など施設)、ホテル、レストラン街、ショッピングモール、全天候型アリーナ、体験型ゲーミングシアター施設、観光シアター施設などを整備する。25年春ごろの開業を目指している。

 計画名 和歌山県IR(和歌山県特定複合観光施設設置運営事業)
 用途 MICE施設(約5万平方㍍)、ホテル(2500室規模の5つ星ホテル)、カジノ施設、飲食・物販店舗、アリーナ、シアター施設など
 事業主 選定中
 設計会社
 工事会社
 建物階数
 建物最高高さ
 建物延床面積 45万7183平方㍍
 建設地 和歌山市毛見(和歌山マリーナシティ内)
 敷地面積 23万6100平方㍍
 工事期間 25年春(開業)
 注記

【プロジェクトの場所】

対象となる敷地は、和歌山マリーナシティのうち、南側で、現在の第1駐車場、第2駐車場、ポルトヨーロッパのパークパシフィックエリアなど。

・20年4月26日=敷地は駐車場などとして使っている。


・9月10日=和歌山事務所を開設/和歌山県IRへの参入めざし/サンシティグループ(建設ニュース)

・10日=統合型リゾート「和歌山IR2.0」を推進し、和歌山の皆様と共に、和歌山の未来を考えるコミュニケーション拠点に(サンシティグループホールディングスジャパン)

・9月7日=IR反対署名を和歌山県に提出(紀伊民報)

・8月21日=和歌山にIR誘致を 海南市の有志が県へ署名(わかやま新報)

・20年6月2日=優先権者の選定は21年1月ごろに変更/IR事業者の公募/和歌山県(建設ニュース)

・20年5月14日=加・クレアベストと中国・サンシティの2者とも通過/IR事業者を決める公募/和歌山県(建設ニュース)

・20年5月14日=「和歌山県特定複合観光施設設置運営事業」の事業者公募における参加資格審査結果を公表(和歌山県)

・20年5月7日=地質調査を実施/和歌山マリーナシティの未利用地で/和歌山県IR(建設ニュース)

・20年5月1日=加・クレアベストと中国・サンシティの2者が応募/IR事業者を決める公募/和歌山県(建設ニュース)

・20年5月1日=「和歌山県特定複合観光施設設置運営事業」の事業者公募における参加資格審査書類の提出者について(和歌山県)

・20年3月31日=IR事業者の公募を開始/11月に優先権者を選定/和歌山県(建設ニュース)

・20年3月30日=「和歌山県特定複合観光施設設置運営事業」の公募開始について(和歌山県)

・20年2月21日=今春ごろに募集要項を公表/IRに向けて実施方針案を公表/和歌山県(建設ニュース)

・19年7月22日=和歌山のIR構想など説明/8月26日にIRシンポジウム/和歌山IR推進協議会ら(建設ニュース)

・19年7月4日=初回の会議を8月6日に開催/IR誘致に関する有識者会議/和歌山県(建設ニュース)

・19年3月29日=EY新日本を特定/和歌山IRに関するアドバイザリー業務/和歌山県(建設ニュース)

・19年2月7日=和歌山IRのアドバイザリー業務で公募型プロポ/参加表明書を21日まで受付/和歌山県(建設ニュース)

・18年5月29日=IRで投資意向調査を実施/8日と13日に説明会/和歌山県(建設ニュース)

・18年5月10日=2500室規模の5つ星ホテルなど誘致/IR基本構想を公表/和歌山県(建設ニュース)

・17年9月12日=トーマツを特定/和歌山IR基本構想策定のアドバイザリー業務の公募型プロポ/和歌山県(建設ニュース)

・17年8月8日=和歌山IR基本構想策定のアドバイザリー業務で公募型プロポ/事業性分析や交通インフラ調査など実施/和歌山県(建設ニュース)